News

  • 1点の挿画でつくられた本、第二弾『葦』

    ashi-05

    1点の挿画でつくられた本、
    『栃の木と』に続く第二弾『葦』がオンラインストアよりご購入いただけるようになりました。

    ロシアの詩人、レールモントフの詩「葦」は理不尽な死を強いられた者の声が埋葬場所に生えた植物に憑依して真実を語るという、世界各地にある話を元にしています。
    20世紀のロシアの詩人、アンナ・アフマートワの詩「葦」の初出はスターリン治下のソ連時代であり、タイトルは「柳」とされました。「葦」をタイトルに使うことは、弾圧と粛清の恐れがあったからです。改めて「葦」と題されて発表されるのは雪どけ後の1965年でした。

    詩:レールモントフ
    画:宇野亞喜良
    訳:前田和泉

    購入はこちらより